米乃家の特長

東海を中心に店舗展開をくりひろげる米乃家の、その意匠と展開方法をご紹介したします。

意匠背景

米乃家岩倉本店

米乃家岩倉本店

団塊の世代が少年少女時代を送った昭和30年代、
現代のようにモノ的には豊かではなかったが、
毎日毎日、目を輝かせて路地裏などで遊んでいました。
そんな少年少女達のパラダイスが駄菓子屋だったのです。
そこで食べたお好み焼き・だんごなどは決してたいした材料は使っていなかったのですが、
おばあちゃんのぬくもりが調味料となって、
忘れられない味になっていたのです。
そんな昭和30年代の風景も味のひとつとして意匠しました。

多様な店舗形態

米乃家食品スーパー展開型 ■食品スーパー展開型
食品スーパーなどの入口においての展開。
特に地元密着のスーパーに重点を置いている。
(坪数)3~10坪
(商圏)2km以内
米乃家路面展開型店舗 ■路面展開型
バス停・コンビニ・学校の近くの
人が集まる幹線道路に展開。
サービス力がもっとも必要となる。
(坪数)6~10坪
(商圏)5km
米乃家大型ホームセンター展開型店舗 ■大型ホームセンター展開型
大型の複合ショッピングセンター内の入口
に展開。土日のファミリー層などについつい
買ってしまうような店舗・メニューを構築。
(坪数)2~3坪
(商圏)5km
米乃家駅前展開型 ■駅前展開型
駅前のロータリー内に展開。
他店と比べると客層が若干、若く
ターゲットに合わせたメニュー構築
が必要。
(坪数)2~6坪
(商圏)5km
米乃家郊外ショッピング展開型 郊外ショッピングモール展開型
郊外型ショッピングモールのキー(大型)テナントの入口に展開。土日の自動車客をターゲットとしメニューを構成。
(坪数)2~3坪
(商圏)10km

昔ながらの味

米乃家みたらし

昔ながらの味を大切に、真心をこめてお客様にご提供させて頂いております。
商品開発に力を注ぎ、地域密着で、いつでも親しみあるお店として皆様の支持を頂いております。
商品の詳細写真はコチラ